KTW > クラッシック > 【2019年10月21日入荷予定予約】【送料無料】三八式歩兵銃【ARISAKA M1905 RIFLE】【KTW.】【第11ロット】
 
 
 
前の商品 【2019年10月21日入荷予定予約】【送料無料】三八式歩兵銃【ARISAKA M1905 RIFLE】【KTW.】【第11ロット】 次の商品
 
 
【2019年10月21日入荷予定予約】【送料無料】三八式歩兵銃【ARISAKA M1905 RIFLE】【KTW.】【第11ロット】

拡大 ( Size : 103 kb )
 
商品コード : UIL-4571383520714
定価 : 116,640
価格 : 99,000円(税込)
数量
 
 1万円以上は配送料無料
 
 
 
最新バージョン
日露戦争が終わった明治38年(1905年)に日本陸軍の制式となった三八式歩兵銃です。東京造兵工廠の有坂さんがデザインしたため、その後アリサカ・ライフルという名称で世界に知られています。世界の軍用小銃でもトップクラスの性能を誇り、そのため第2次大戦が終わるまで、日本軍はこの銃一本を頼りに戦ったと言っても過言ではありません。KTWは初期の三八式をモデルにしました。主要部分に鉄を使い、確実な作動、耐久性に優れたものとなっています。もちろん命中精度は実銃同様、天下一品です。

【仕様】
■全長:1276mm
■重量:3450g
■口径:6mmBB
■装弾数:22発
■機構:ボルト式エアーコッキング
■銃床:オニグルミ・オイル仕上げ

ボルトハンドルはシリンダーに溶接されています。それを覆うダストカバー、みな鉄製です。レシーバーは硬質ウレタン樹脂製。 コッキングすると「チャキーン」という作動音がリアルです。ダストカバーは黒染めで、メッキしていないのでサビに注意して下さい。 刻印は実銃通りに再現しています。ボルトを引ききると真鍮製のノズルが見えます。チャンバーベースは鉄製で、メッキしているのでサビません。
給弾方法は、マガジンプレートを外し、歯車を回して給弾口を開け、BB弾をジャラジャラ入れてプレートを閉めれば完了です。 リアサイト。たたんだ照尺の中央より後ろにある穴にホップアップの調整ネジがあります。ネジが直接パッキンを押す方式です。 ホップがあるのでサイトを立てて使用することはありません。出荷前の試射(マルイ電動用0.25g使用)でホップ調整済みです。
マズル部はストレートですがフロントバンドから後ろはテーパー銃身です。テーパー削りだしは最もコストがかかりました。 三十年式銃剣(KTW製)を着剣。なお、フロントサイトの形状で、初期(大正期)のものとわかります。 バットプレートは岩手特産「南部鉄器」を使用しています。鉄瓶などで知られている伝統工法で製造しました。

ページトップへ