KTW > クラッシック > 【送料無料】【KTW】タネガシマ TANEGASHIMA
 
 
 
前の商品 【送料無料】【KTW】タネガシマ TANEGASHIMA 次の商品
 
 
【送料無料】【KTW】タネガシマ TANEGASHIMA

拡大 ( Size : 42 kb )
 
商品コード : 0
定価 : 127,440
価格 : 101,900円(税込)
数量
 
 1万円以上は配送料無料
 
 
 

tanagashima

1543年、種子島に漂着したポルトガル船が初めて日本に伝えた鉄砲伝来説は、新説ではそれより前に倭寇が東南アジアから日本に持ってきていたとされていますが、いずれにしろ、日本で初めて鉄砲製造に挑戦し、成功したのは種子島の鍛冶職人でした。これを商人が各地に広め、以後、鉄砲はタネガシマと呼ばれるようになります。

ここで鉄砲鍛冶という新しい職業が生まれ、それに付随して、砲術師という職業も現れます。砲術師は鉄砲の扱い方・製造法、火薬の製法・調合法を研究熟知し、それぞれの流派を名乗り全国の大名に売り込みました。世は戦国時代です。天下を狙う大名は、鉄砲鍛冶集団と火薬入手ルートを確保している砲術師を競って招き入れました。

集団で鉄砲を製造する地として瞬く間に大きくなったのが近江の国友と和泉の堺でした。この2大生産地を軸として全国各地の鉄砲生産数はすさまじい勢いで増え、当時布教活動をしていた宣教師が「10万挺を超える」とイエズス会を通して世界に伝えています。太平の世になってからも造り続けられた鉄砲は、各流派、各生産地、各職人によってさまざまな形状や機構で進化していき、マッチロック(火縄銃)では世界最高レベルに達しました。

KTWがモデルにしたのは「能当流」です。砲術家の流派ではなく、造る側の流儀です。「能(よく)当(あたる)」。これは命中精度と品質に秀でた評価を受けた国友鉄砲鍛冶の造り方の伝統です。外見は普通のタネガシマですが、その造りは能当流に習いました。そしてKTW初、全パーツ金属削り出しで製造した作品でもあります。



tanegashima

全長:1323mm、
重量:2.2kg、
口径:6mmBB、
装弾数:77発
機構:アンダーレバー式エアーコッキング
材質:真鍮(外装部)・鉄(内部)・アルミ(銃身部)
銃床:ブナ材・オイル仕上げ
付属品:火縄



マズル部は柑子(こうじ)といいます。巣口(銃口)は13弌.52口径)、実戦用に普及したサイズをモデルにしました。アルミ削り出し、黒アルマイト処理(照星=先目当も同じ)。 可変のホップアップ・ネジは照門(元目当)にあります。三八式などと同じ構造です。八角のアルミ銃身はここから先輪金までテーパー仕上げとなり、黒アルマイト処理されています。 ひばさみ(ハンマー)を上げて火ぶたを開けた状態です。外装部品はすべて真鍮製です。実物どおりに造るとピン止めにヒモまで登場します。付属の火縄は引火性があるので注意してください。
バネが外に露出した外カラクリ機構です。歴史的には、のちにゼンマイ利用の内カラクリ、それら混用の外気(ゲキ)カラクリと進化して行き、すべての面で世界最高の火縄銃と言えるものとなりました。 台下のレバーを起こしコッキングします。レバーを元の位置に戻し、ひばさみを起こして引き金を引くとピストンが前進して同時にひばさみが落ちます。ひばさみが落ちてからしばらくして弾が出る実銃とは異なります。 カルカ(さく丈)のロックを外して引き出し、給弾口が開いたところでBB弾を入れます。77発まで入り全弾発射できます(残弾はありません)。ポンプアクション連射を楽しみたい方は火ぶたを閉めて火縄を長く出した状態にすれば、いちいちひばさみをコックしなくても速射できる機構です。

ページトップへ